リボルバー2

¥ 4,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 600円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

マパチェ将軍とパードレ・エステバンがそれぞれ率いる軍団の戦い・・・

メーカー:White Goblin
年齢:12歳以上
時間:45分程度
人数:2人
日本語マニュアル / シール付属


デザイナー:MARK CHAPLIN
西暦1894年、小さな村マルパソの農民たちは、「マパチェ将軍」と名乗る男に率いられる盗賊団に再び根こそぎふんだくられようとしていた。メキシコ国防軍からのお尋ね者だ。
そこで村人たちは、以前は賞賛の的であったが今となっては冴えない「パードレ・エステバン」を訪ねて、腕の立つガンマンを雇って村を守ってくれないか頼むことにした。パードレは「オールリバーズポーカートーナメント」であらゆる手を尽くして資金を増やした後、銃の腕のたつ者をまとめあげた。一通り終わったところで険しい崖にかかっている「ロス・カントス橋」の上のほうにある村へと取って返した。その間も村は「将軍」の部下の先遣隊から被害を受けていた。そこでマルパソ自体を要塞化した。怯えている村人たちを銀廃鉱に籠らせて守りを固めさせたのだ。
そしてとうとう盗人どもが攻撃を仕掛けてきた時点では、双方ともに準備万端な状態であった。マパチェ側ではガトリングガンで圧倒しようとしていたし、村人側は村人側で独自の仕掛けをいくつか用意していたのである。凄まじい戦闘が発生すれば双方ともに大きな被害者が出ることは免れない。はたしてメキシコ軍はこんな流血沙汰に間に合うのだろうか?
(ルールブックより)