ブラフ

¥ 3,700 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送

    全国一律 600円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ダイスの出目、果たしてうそか本当か?!

メーカー:Ravensburger
年齢:12歳以上
時間:30分程度
人数:2-6人
日本語マニュアル付属


1993年ゲーム大賞受賞。
各プレーヤーは5個ずつのダイスを持ち、ダイスカップを使って振ります。振って出た目はダイスカップをそっとあけて自分だけで見ます。つまり、全員でサイコロを振りますが、出た目が分かっているのは自分が振った分だけです。ダイスには1--5の目と星マークがあり、星マークはジョーカーで、どの目であるとも扱えます。
1人5個ずつで、仮に4人でプレイしている場合は計20個のダイスのうち、特定の目(たとえば「1」)が何個あるかを推理して宣言していきます。
一見確率計算ゲームのようですが、実際にはタイトルの通り、いかにライバルにブラフを効かせるかがゲームのポイントです。
スタートプレーヤーから順に、全員が振ったダイス全部の中に特定の目がいくつあるか宣言していきます。次のプレーヤーが、もっと少ないハズだと思ったら、「チャレンジ」といって全員のダイスカップを開けて、その目の数を数えます。もし、前のプレーヤーが宣言した数より少なかったら、宣言したプレーヤーは宣言した数と、実際に合った数の差だけダイスを中央に出さなくてはいけません。宣言した数以上あれば、チャレンジしたプレーヤーが差分ダイスを失います。もしぴったり合ったら、宣言したプレーヤー以外全員が1個ずつサイコロを失います。
また、前のプレイヤーが宣言した数よりあるだろうと考えた場合には、もっと多い数を宣言します。このとき別の目に変えてもかまいません。
こうして最後までダイスを持っていることができたプレイヤーが勝利します。